アムスの考える空間づくり — 企業理念

Basic Concept

私達はアートを核としたEIの構築を目指します。

多様化、成熟化、ソフト化、情報化…。現代社会はじつにさまざまな言葉で形容されています。しかし、ひとつ確実なことは、今後も生産活動に占められていた多くの時間と空間がより多彩に分化していくだろうということ。そこで必要とされているのは、私たちの幸福度を高める新たな「価値」の創出です。アムスは、豊かな文化性、精神性に富んだ環境づくりを通して、この時代的なテーマに応えてきました。 そして今、さらに「EI=Environmental Identity」の概念を導入。パブリックスペースからコマーシャル・リゾートエリアまでアートを核に据えた、より個性的かつ総合的な環境創造に取り組むと同時に、私たちはさまざまな空間が持つ固有のエリア・コンセプトを的確にとらえ、その空間の意味性をより豊かに伝えるアートの形を「オリジナル開発」として導き出しています。さらに、それらを有機的に結びつけたトータル・デザインによって「EI」の構築を目指します。

Space Producing

人々の暮らしに潤いと活力を与える空間づくり。

環境計画に求められる最大のテーマ。それは、人々の感性に真に訴えかける空間づくりであり、明確な個性と独自性を持った空間づくりであると言えるでしょう。私たちが「アート」を環境計画の中心に据えてきたのも、そうした空間創出の理想を実現するためにほかなりません。物=オブジェが持つテクスチャーや固有のメッセージ性を利用して、エリア・コンセプトを明確に表現する—アートの特徴を最大限に生かしながら、各種施設をトータルにコーディネートし、独自のアイデンティティを持った環境を構築する。これこそ私たちの究極の役割であると考えています。
この役割を果たすために導入した概念がすなわちEIと呼ばれるもの。企業の自己確認とビジョンの明確化に活用されるCI(Corporate Identity)は、すでに多方面で実践され、大きな成果をあげてきました。私たちはこのCIの手法を環境計画に取り入れ、具体的な空間創造に生かします。したがって、EIは単なる戦略的表現ではありません。人々の暮らしに活力や潤いをもたらし、その固有の環境で生活する喜びを与える活動そのものなのです。 Environmental Identity=ある固有の環境に社会的・文化的・精神的な特徴を付与すること。

インテグレーション手法でニーズに的確に応えます。

EIの構築によるトータルな環境創出—このテーマに向け、私たちはインテグレート能力を持ったプロフェッショナル集団としての組織づくりを推し進めています。クライアント・ニーズやエリア・コンセプトをとらえた上で、いかにアートをコーディネートし、空間をプロデュースするか。多彩なプロジェクト・システムによって私たちが導き出す"解"は、独自のアイデンティティを持ち、新たな社会的価値を持つ「環境」。それは同時に皆様のニーズに的確に応えうるものであると確信しています。

ページ上部へ戻る