地域の大切な財産である彫刻モニュメントやアートなどの劣化、傷、汚れ、腐食などは、大切な美術品を損なわないためにも、専門的なケアが必要です。アムスは、長年景観施設に携わってきたノウハウを活かし、専門家の技術と、よりこまやかなメンテナンスでニーズにお応えし美しくよみがえらせます。

メンテナンスフロー図

現地調査の例

「千葉県立青葉の森公園 彫刻の広場」作品調査

彫刻・モニュメントメンテナンス事例

幕張メッセモール

山本正道 作「海からの風Ⅰ」

経年劣化により部分的に破損してしまった瓦タイルを再製作・貼り替えを行いました。今後長い期間に渡り作品を楽しめるよう、鉄骨を用いた補強も施しました。

弊社では、全て作家監修の元に作品の意図を無視せず、設置当時の状態にできるだけ近づけるメンテナンスを行っております。


山本正道 作「海からの風Ⅱ」

堀豊之 作「おU」

久保田俶通 作「海の詩」

都立大井ふ頭中央海浜公園

佐藤忠良 作「わかば」

掛井五郎 作「三人三様」

脇田愛二郎 作「HELIX」

建畠覚造 作「波貌」

有明テニスの森公園

小田襄 作「円と方形-四季」

岡本敦生 作「地殻 シルリアの海」

都立府中の森公園

保田春彦 作「球を囲う幕舎」

舟越保武 作「鳩もつ少年」

雨宮敬子 作「少年」

柳原義達「道標・鴉」

花の広場ステンレスモニュメント噴水

長年の水垢や苔状の汚れでステンレスの輝きが失われていたモニュメント。専用液剤と高圧洗浄、しつこい汚れには素材を傷つけない研磨など、技術を駆使してステンレス特有の美しさを取り戻します。

府中市美術館・府中の森芸術劇場ほか

久保制一 作「ひな」

久保制一 作「なつ」

久保制一 作「つむ」

小田襄 作「円柱領域」

船橋市運動公園・JR船橋駅前ほか

菊池一雄 作「ふれあい」

富永直樹「新風」

大須賀力 作「歓び」

長谷川昂「呼びかけの像」

佐藤忠良 作「蒼」

府中市住吉町 由来碑移設

道路の拡張工事により移動を余儀なくされた由来碑の移設工事です。ピンコロ台座も再製作いたしました。


流山市民総合体育館 ブロンズ像及び台座移設

台座ごとブロンズ像を別の場所へ移設いたしました。同時にブロンズ像と台座の固定を補強しました。仕上げはブロンズ像ウレタンコーティングにて美しさを取り戻しました。


豊島体育館 ブロンズレリーフ移設

壁面ブロンズレリーフを別の場所へ移設いたしました。ブロンズ彫刻家監修の下、いかに作品に影響を与えずに移設できるか検討しながら慎重に作業をいたします。


ページ上部へ戻る