突然の災害時、避難が必要になったら…

いざという時にスムーズに避難場所へと安全に誘導できる「避難地誘導トータルサインシステム」をご提案いたしております。 まちの導線を考え、いかに素早く避難できるかを前提に、弊社では見やすく誰にでもわかりやすい避難地誘導サインをオリジナルデザインにてご予算に合わせご提案いたしております。

JIS規格 避難誘導標識システムについて

「JIS Z9097 津波避難誘導標識システム」および「JIS Z9098 災害種別避難誘導標識システム」が制定されました。避難場所等整備の際は、JIS規格に沿った表示が基準となります。下記リンク先の「防災・減災 避難誘導標識システムガイドブック」をご参考ください。

防災・減災 避難誘導標識システムガイドブック

オリジナル避難地トータルサインプランのご紹介

表示面や避難地マークは、夜間でも認識できるようにする

夜間の視認性を高めるためには、リフレクターを取り付けるのが一般的な方法です。その他、蓄光樹脂やLEDを組み込んだ製品、高輝度・長残光に優れたセラミック蓄光材「セラチッコウ」も効果的です。

※リフレクターの他に、全製品に反射テープでの対応が可能です。対応製品を含め、不明な点は担当までご相談ください。

プランA

※クリックで拡大表示。

プランB

※クリックで拡大表示。

プランC

※クリックで拡大表示。

プランD

※クリックで拡大表示。

避難所看板設置事例

佐倉市 避難所看板設置工事

市内全域の旧表示内容誘導サインを、蓄光式避難標識(日本消防設備安全センター消防防災用設備機器性能評定品)を使用して更新いたしました。

蓄光式避難標識(日本消防設備安全センター消防防災用設備機器性能評定品)のご案内


南房総市 避難所看板設置工事

市内のその他のサインとの統一性を持たせるため、市オリジナルデザインにて誘導サインを製作しております。

さまざまな取付方法に対応いたします。


ページ上部へ戻る